裸婦モデル 子供の頃見た親父の顔、今の自分よりも若く愛おしい

 
   線描写するモノクロフォト

< 親父の肖像 >

 イメージは親父の肖像・・・ 自画像といいたいのだけれど、これ程のいい男ではないし、ハンサムさかげんは親父とも思える・・・潜在意識が描かせる絵。 「親父の肖像」というタイトルが相応しい。 これといって何も考えず鉛筆の走りに任せれば、自画像(独りであること)ともいえそうで、記憶の奥から蘇る親父のようでもあるという、照れ臭いような感慨深い絵。 親父の記憶とはいっても、自分が子供の頃に記憶した親父の顔、今の自分よりも若い・・何だか不思議なようで愛おしい気持ちになります。 下には、裸婦モデル作品を載せてます。

平日昼間に出掛けたカフェで写真を撮らせてもらう。 他に客がいなかったからだ。 寛ぐ女性との精密な鉛筆画コラージュ画像・・裸婦モデル・寛いだ女性ヌード・プロポーション。 大人の雰囲気・成熟した女性ですね、裸婦モデルの肖像。 背後から見るヒップでも、女性の肖像といえるでしょうか。

        <スポンサーリンク>

 

  

精密な鉛筆画・カフェでの幻影

裸婦モデルがオレンジなら、こちらはブルー。 どちらも同じ喫茶店、これはほとんど「親父(オヤジ)の妄想」に近いタッチとトーンが生かされた鉛筆画です。

        <スポンサーリンク>

 

  

タッチとトーンが生かされた鉛筆画・妄想

サムネイル画像を集めた秋景色のコラージュ作品 丁寧に描かれた人体と和の模様の合成画像 日本的な風情と人物像のコラージュ画像

ヌード  Home   サイトマップ      写真  相対性理論  錯覚と思い込み  季節は秋  女子学生  写真の撮り方  婦人服  ロック・バー  アバンギャルド  バギーの写真  グリッドのとり方  空気の色  ヌードのコラージュ技法  不器用さを感じさせる写真  好きな写真  風情を撮る  サムネイル画像  横浜赤レンガ倉庫