裸婦モデル  合成画像 基本は ”あてずっぽぅ”

  
   もどかしい裸のフォト

< 想像力・イマジネーション >

   裸婦モデル画にみる想像力・イマジネーション・・・このような合成画像を創る際には、基本的には ”あてずっぽぅ”です。 二枚の画像を重ね合わせるわけですから、その結果は見当がつきません。 数撃てば中る方式ですかね。 とはいえ、これは自信の作品になってます。 想像力・イマジネーションを全開にしないと見えない絵かもしれません。 そういうことではあってほしくないのですが、作者・管理人しか見えない絵になっていることも考えられます。 背景の淡いパープルが美しく、灯の色はベージュなのでしょうが、背景色のせいでしょうかオレンジにも見えてきます。 想像力・イマジネーションを働かせれば、柔かなヌードが見えてくるはずです。 カフェの窓側を撮った写真と裸婦モデル画とのコラージュ作品です・・・様々なヌードコラージュ画像の紹介・・・アート的なスタンスからすれば醜さも美しさのうちに入ります。 鏡に映すヌード、アルっぽくてもよいのですが、在りのままの自分をそのまま受け入れていく、飾らないヌードでもあり、描き手にとっては我侭に描くヌードともいえます。 合成に仕方によっては、日本の模様などを重ねれば、背中の刺青を思わせる美しいヌード絵にもなり、妖艶とした雰囲気を醸す萌えるヌード、怪しさと危なっかしさでしょうか、 妄想が映すヌード、明治大正を想わせる ヌード耽美主義・セミヌード画像になったりします。 裸婦モデルが概して凛々しく姿勢良くポーズされることも多く、聡明なヌードであったり、姿勢のよいヌードであったりします。 カメラを使わないと描けないポーズ(ショット)があります。 固定ポーズは20分くらいまでが限度で、それ以上そのポーズを描くのであれば、休憩を入れながらポーズを繰り返すことになります。 天井からロープを下げたり、壁につかまるところがあれば、通常ではとれないポーズを見ることができます。 腰を浮かせたポーズなのですが、写真を基にして描くこともあります・・・クロッキーやデッサンは写真を並行して進めて行くこともしばしばです。 固定ポーズではとれないアクロバティックなポーズを撮る(描く)ためです。 写真であればヌードの背景は同時に撮れますが、参考にするのは人体だけであり、背景を気にすることはありません・・・それでも、室内(アトリエ)であれば外からの光に左右される事は当然であり、自然光の加減を前提として、イマジネーション・想像力を働かせながら(ときには、ライティング なども考えながら)人体デッサンしていくことになります。

装飾品の中に閉じ込められたヌードというイメージです。 イメージ画は裸婦モデルをスケッチしてます。

        <スポンサーリンク>

 

  

単純な画材・スケッチ・ポーズのコレクション

想像力・イマジネーションで見て下さい。 水槽の中に裸婦モデルが見えてきます。

        <スポンサーリンク>

 

  

和服柄と女性の肌の合わせ画像

港と精巧な描写絵 オーソドックスでかつ個性的なフォト作成 テンペラ画のようにも見えるパステル加工作品

ヌード  Home   サイトマップ   神秘  色で撮る写真  ジャズ  セミヌード  街の写真  アート空間  隠れ屋のようなショップ アートな街  絵と額  手ブレした写真  記録ではなく記憶する セピア  Picasa の使い方  アナログ  生きる力を宿す魂   湖とボート  誕生日デコメ  夢と現実  釣り船