裸婦モデル 下北沢駅ガード下に描いてある絵と合成画

 
   小田急線・井の頭線が交わる鉄橋下にデザインされたフォト

< アート空間 >

 下北沢 ・井の頭線ガード下・アート空間・・・アート空間とするよりもアートスペースとしたほうがよいかもしれません。 ここは下北沢・井の頭線ガード下ですから、スペースと言っても公共のスペースです。 真上を見上げても美しいアート的なデザインが広がります。 裸婦モデルをスケッチした画像とのコラージュ画像も多く載せてます。  肌の質感はもちろんのこと、 肌の奥を見る 、観察するデッサン。 後姿・バックから見る ヒップ・ヒップの存在感は絶大なものがあります。 裸婦の背中の美しさもヒップが重心となって支えられているから・・と思われます。 非日常的なポーズのポーズ・・・日常的に考えれば非常識なポーズでもありますが、閉鎖空間においてモデルと制作者の同意があれば、どのようなポーズも容認されるのがヌードアート空間です。 しっかりした量感を捉える椅子に座る女性の図。 ヌード・美裸体美はいずれもフルヌードが前提となります。 アートの世界では、セミヌードや下着姿で・・・といことは、特別な目的でもない限りはありえません。 エロティック・アートを考えれなら、フルヌードよりもセミヌードや下着姿の方がエロティックかもしれませんね。 外見的な美意識を考えれば、ダイエットは大切なことでしょうが、アート空間で絵を描くのであれば、描き手の好みにもよりますが、体型・プロポーションは一切関係しませんし、男女はもとより年齢にも関係しません。 

線描き(影の認識)に近いヌード画とアジサイのコラージュ画像です。 コラージュとは、適当に組み合わせた・重ねた画像という意味です。 100年位前から、前衛的な手段として試されてました。 当時はデジタルではなかったわけですから、当然のように編集ソフトなどといわれるものはありませんでしたし、それぞれをアート作品としていたわけです。 今日では、ソフトで何枚でもどのような組み合わせでも創ることができます。 当然のように数多く出来るわけですから、作品が多くあることに意味はありません。 たくさんの作品から、何を選ぶか・・に意味があります。 アート空間を演出するためにも、試しに3Dを使って予め確認することはできます。 創るということには当然のように意味はあるのですが、多くの作品中から選ぶ目が問われる時代になってますね。 ・・・美術モデル・ヌード画とアジサイの画像編集ソフトでコラージュ

        <スポンサーリンク>

 

  

ブティックのディスプレイとヌードの融合・イメージ画。 また、裸婦モデルする人の気持ち・美術モデルの心理、「このヌードは私ではない」とは?

        <スポンサーリンク>

 

  

立ちポーズとディスプレイ

クリスマスディスプレイと女性のコラージュ 西洋絵画的な女性とディスプレイの合成画像 水彩画的な日向の写真とのコラージュフォト写真

ヌード  Home   サイトマップ   神秘  想像力・イマジネーション 色で撮る写真  ジャズ  セミヌード  街の写真  隠れ屋のようなショップ アートな街  絵と額  手ブレした写真  記録ではなく記憶する セピア  Picasa の使い方  アナログ  生きる力を宿す魂   湖とボート  誕生日デコメ  夢と現実  釣り船