コラージュ デジタルカメラで撮影

 
   緑にグリッドを撮った秋の写真

< 記録ではなく記憶する >

 裸婦画像・・・写真を撮ることはいつも、記録すのではなく記憶するためです。 カメラはいつも記憶するための道具であって、デジタルで記録されたからといって、カメラだけで完結するとは考えません。 カメラを媒体にして、シャッターを切ることによって自分の中に記憶を積み重ねていきます。  自然の緑の美しい画像が並びます。 世田谷美術館のわきのスペースを写してます。 秋とはいっても11月末の撮影です。 絵にせよ写真にせよ、自分の癖みたいなものはなかなか把握しにくいものです。 把握したからといって、どうする・・とかという問題でもありません。 見たいところしか見ない、撮りたいところしか撮らない・・というところがあります。 絵にせよ写真にせよ、説明しようと思って描いたり撮ったりすることはありません。 このような風景写真であれば、説明するつもりがありませんから、全体像を収めるつもりもありません。 何処で何を撮っているか?ではなく、アート感覚として、何が伝わっているか?が問題です。 記録するつもりはありません、記憶に残るような感覚で瞬きで撮るようにシャッターを切ります。 このページには他にも、裸婦画像、昭和の民家とヌードがあります。 写真を見ながら、女性ヌードを描くことは出来るのか? その写真でも、記録ではなく記憶するように撮るのか? 至近距離での撮影となれば、絵画的にはデフォルメするヌードにもなります。

京都の秋。

紫の美しいグリッドをもった京都の写真

        <スポンサーリンク>

 

  

古民家とヌードのコラージュ裸婦画像です。 ヌードアート画はヌード・美術モデル描いてます。 梁(はり)・・・この写真から分かるように、天井部分を横に張った木材のことを言います。 ヌードが梁の上に腰掛けてるように見ます。 

梁が美しい古民家と人物鉛筆画

サイトの性格上、人物ヌード写真を貼ることは出来ませんが、amazonをとおしてヌード写真を見ることは出来ます。 ヌード写真は当然のごとく芸術写真なのですから、センスが問われます。 実際に撮影に関しては(ヌードを撮るのであれば)一般的には、男性のマナーと人格を問われることとなります。 アートセンスが問われる前に、人格が問われるということですね。 ヌード美人コレクションとしてデジタルカメラで写真を撮り、メールヌード・モーション画像として動画で撮るのも面白そうです。 絵画同様に、ラフな質感、色々な質の違い、水彩画のようなエッセンス、構図と構成、ライティングなどの用具の使い方、モチーフ(もちろんこの場合はヌード)と素材、細部と全体像の捕らえ方、トーンや明度などのメリハリ、生き物を感じさせる生な撮り方、メカニカルな線やタッチ、奥への広がりを感じさせる撮り方など・・・楽しみは無限に広がります。

        <スポンサーリンク>

 

  

メカニカルな線やタッチ・碁盤の目に敷き詰めたような写真 水彩画のようなエッセンス、構図と構成・花模様 奥への広がりを感じさせる撮り方・子供の顔

ヌード  Home   サイトマップ   神秘  想像力・イマジネーション 色で撮る写真  ジャズ  セミヌード  街の写真  アート空間  隠れ屋のようなショップ アートな街  絵と額  手ブレした写真  セピア  Picasa の使い方  アナログ  生きる力を宿す魂   湖とボート  誕生日デコメ  夢と現実  釣り船