コラージュ 秋には、枯葉やモミジなど趣きある風情ある画像が撮れる

 
   奥への広がりを感じさせる写真

< 空気の色 >

 空気には色があります。 この画像を見ても、薄いブルーが見えます。 奥への広がりを感じさせる写真です。 ・・・とはいっても、実際に撮る際に空気の色が見えてるわけではありません。 撮った後にそのように見えるので、解説は後付けです。 写真を撮っていて、その画像が最も絵になるのは秋だと考えてます。 比較的に空気が澄んでいますから、クリアな写真が撮れる事です。 また、季節的には紅葉などもあり赤・黄色・オレンジ・緑など色彩的に豊かに撮れること・・・京都・清水のモミジ。 枯葉やモミジなど趣きある風情ある画像が撮れることですかね。 夏の自然は難しいですかね、朝日とか夕日とかサーフィンとか特別な条件下では撮れても、普通に撮れば緑ばかりが鮮やかで、退屈な写真にもなってしまいます。 あるいは、太陽がギラギラした疲れる写真になってしまいます。 下には、古民家の脱穀機とヌードのコラージュ画像裸婦画像を載せてます。

京都の寺とヌードコラージュ裸婦画像。 ヌードモデル・仁王立ちのポーズを描いてますが、ここにも空気の色はあるでしょうか。

        <スポンサーリンク>

 

  

真っ赤な秋の竹林

        <スポンサーリンク>

 

  

雷が落ちてきそうな印象がありますね。

古民家の写真サムネイル

        <スポンサーリンク>

 

  

古民家で展示してあった脱穀機の写真とヌードコラージュ裸婦画像です。 しっかり見ないことには、ヌードは見えてきません。 空気の色がどんより見えるのは、重ね画像のせいです。 空気に色があるというより、空気に匂いがありそうですね。 古民家の日本独特な匂いかもしれませんし、森や竹林の香りかもしれません・・・自然派

脱穀機と人体芸術写真

サムネイル写真 少女のように見える女性の合成画像 サンタの組み合わせ画像

ヌード  Home   サイトマップ      親父の肖像  写真  相対性理論  錯覚と思い込み  季節は秋  女子学生  写真の撮り方  婦人服  ロック・バー  アバンギャルド  バギーの写真  グリッドのとり方  ヌードのコラージュ技法  不器用さを感じさせる写真  好きな写真  風情を撮る  サムネイル画像  横浜赤レンガ倉庫