美術モデル 芸術とエロの区別はつきますか?

 
記憶で描くヌードアート

< 芸術とエロの違いは? >

美術モデルをクロッキーやデッサンにした画像とコラージュ作品を多く載せてますが、いわゆる、性的刺激を煽るだけの非日常的な画像やビデオが氾濫してますが、単なる非日常的な画像と芸術(アート)との区別はつきますか? また、区別があると思いますか? ヌード写真はエロですか?を参照ください。

エロティシズム・エロスといわれるものは、人が人であるための根源的な意味において、なくてはならないものであり、エロティシズムは芸術であるための大きな要素にもなってます。 世間で言うところの「エロ」は性的刺激を煽るばかりの画像であったりビデオであったりします。 それらの「エロ」は芸術とは無縁なものではありませんが、(芸術とは)少し距離をおいた方がよいと思います。  芸術とエロとは、区別できるものではなく、区別する必要もありません。 アート作品といわれるものの多くにはその背景にエロティシズムがあります。 「エロ」を「エロティシズム」の略語として使うのなら、エロティシズム本来の意味を考えてみましょう。 「エロティシズム」は、性的興奮を起こす素材を扱う作品のうち、芸術的・科学的な価値を意図したり残したりしているものであり、最近、普通に使う「エロ」は、性を好色に描写し芸術的価値が少ないか全くないものを指す・・・と考えればよさそうです・エロティック・アート。 「エロ」を「ポルノ」と言い換えてもよさそうです。 美術モデルにとっての造形美として問われる美しさを考えていきたいと思います。

コラージュ画像

 

ヌードの胴体を下から見た線が重なり合うデッサン 深大寺の七夕・ヌード美術 美術モデル・女体描写より背景の描写しに拘った人物画

 

 最近、モデルとのフォトセッションをすることが多くなってきました。 元々は絵を描くためのモデルをいらしてましたが、写真を撮るためのモデルも兼ねてもらうようになってきたからです。 ここでも、制作者とモデルとの信頼関係は大切で、写真をいかに厳重にキープできるか・・にかかってます。 美術モデルさんはヌードモデルさんではありませんから、”自分” が写真として残ることには抵抗があります。 その抵抗が全くないモデルさんもいて、絵に残って、写真まで作品として(CDにして)もらえるなら・・・ということで、とても喜んでもらえることもあります。 美術モデルさんは、基本的にヌードですが、写真を撮るフォトセッションであれば、ヌードは前提としてません。 ですから、着衣での撮影で終わることもあれば、信頼できる制作者であるとモデルさんが思うのでしょうか、ヌードまで撮っておきたいと希望するモデルさんもいます。

 

緑とオレンジ色の花模様が見える・ヌード美術 足の長さが実際よりも長く見えるデフォルメした人体画像 美術モデル・オレンジ色に染まる多摩川の夕焼け・ヌード美術

 

 また、これは制作者の直感であり、我がままでもありますが、着衣が絵(写真)になると思える方と、ヌードは素晴らしい絵になると思われる方がいます。 打ち合わせでは着衣であっても、当日、撮影が進むにつれて、ヌードで撮ることになる・・モデルさんもいます。 フォトセッションは、人知れぬ海や自然の中であれば、ヌードもありますが、屋外では基本的には着いであり、室内では着衣もヌードもありということですね。

 ヌードになって、 ”曝け出す自分” を体験してみると、心地よいと言われるモデルさんもいますし、それがストレス解消にもつながると言われる方もいます。 自己表現として、ギリギリのところまで曝け出していることへのスリリングさも手伝ってか、そのままの姿が受け入れられていくことが、理屈抜きで、自分に自信が持てることなのでしょう。

 

美術モデル・オレンジ色に染まる多摩川の夕焼け・ヌード美術

 

 最近撮影したモデルの方は、「フォトセッションすることは、セックスすることと同じ感覚である・・」と言われてました。 ここで誤解してはならないのは、そのモデルの方が言っていたように「フォトグラファーは、モデルの髪の毛一本でさえ触ってはならない!」というように、セックスする感覚であって、することではありません。 愚かな輩は、感覚と現実を区別できないこともあります。 精神と肉体とは、時として一体となり、時として全く異なるものなのです。 フォトセッション現場では、芸術とエロの違いなどというようなことは考えてませんし、そんな余裕もありません。 作品にすることが全てを優先するのですから・・・

 

天王洲アイルでの真夏の夕方のポートレイト写真

このポートレイト写真は、天王洲アイルでの真夏の夕方のショットです。 ここの海は不思議な感じが有り、川の延長なのか、運河のような存在なのか、海なのか、はっきりした区別がつきません。 背景を見ればわかるように、海は穏やかです。 元々は、戦後日本の経済成長を支えたエリアであり、重化学工業の”メッカ”でもあり、水面下にはかなりのヘドロが残っているかもしれません。

 

ヌード  Home   サイトマップ     美術モデルができますか?   造形美としての裸婦   常識ってなんですか?   常識的でないですか?   服を身に着けないこと、自然な姿ですか?   年齢は気になりますか?   自分の姿を褒められたこと?   自分の自然な姿は美しい?   自然光で裸婦を見たことは?   裸婦モデルは特別な人?   美術モデルと裸婦モデル   記念写真としてなら?   何も身に着けない姿に偏見はありますか?   服を身に着けないことの価値観   裸婦モデルとしてのキャリア   究極の美として   裸婦モデルのアルバイト   機能美と造形美   屋外で撮影される裸婦