モデル&制作者のコミュ 形のいいセクシーなヒップ

 
カフェでヌードをイメージした背後からの写真

< ヒップの形、気になりますか? >

  女性のヒップ・お尻の形は、真横から見た厚みと真後ろ・後姿・バックから見た腰の幅に関係してます。 また、ヒップ・トップの位置もありますね。 男目線からすれば、ある程度厚みがあって、ヒップトップの位置が高めなら幅はさして気になりません。 正面から見た場合は、ヒップの幅だけが見えてきますが、肩やウェストとの長さの比が関係してきますし、ヒップの幅は気になります。 斜め後ろから見たような場合は、厚みとトップの位置なのでしょうね。 この画像は、日本人女性のヌードをヒップを基準に描いたクロッキーです。 重ね画象になってますから、ウェストの輪郭や腰のラインが見難いと思いますが、形のよいセクシーな美しいヒップであるように思います・・・人体の中でも、ヒップの存在感は絶大なのです。 バスト本来の形についてはどうでしょう、また、演歌のタイトルのようですが裸婦の背中は・・ヌードモデル&制作者のコミュニケーション・

陰影がクリアなウェスト・バスト ワインディングロード・アートモデル 白黒画像に観るヒップの形

 

陸上選手のヒップはとってもカッコいですよね。 それを考えると、ある程度鍛えて筋肉を付けないことにはカッコいいヒップにはならないということですね。 筋力があれば、脂肪を支えることもできますし、ヒップトップの高さも維持できるということですね。 ただし、アート空間でアート感覚から見るヌード(モデル)に関しては、ヒップがカッコいいとかそうでないとかというような常識的な美意識でもってヌードを見るようなことはありません。 制作者とモデルとの対話の中には、そのよう ”常識”は存在しません・常識ってなんですか?

        <スポンサーリンク>

 

  

悪趣味にも思える合成画像 光を捉える後ろからの光景 生地屋さんのディスプレイ・アートモデル

ポートレイト写真

この画像はモデルを正面から撮ってますから、ヒップの形とは関係ありません。 この撮影は、背景画に合わせてポーズするようにモデルさんに指示してます。 当然ですが、正面には鏡があって、それを見ながらポージングしていることになりますから、モデルのアート的なセンスも問われることになります。

 

ヌード  Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュ  自己中心的な人たち  理性的な人たち  裸婦モデルとの対話  醜さも美しさのうち  本質って何ですか?  非日常って?  風情って何でしょう?  痛い写真ですが  ボリューム感は大切です  鏡に映すヌード  美しい裸婦の姿  アートは手品ではありません  何に見えますか?  幻影としての裸婦  感じる哲学  飾らない裸婦の姿  姿勢のよい裸婦  ルネサンス期の絵画のよう