モデル&制作者のコミュ

 
ボッティチェリの絵画に見るようなルネサンス期を思わせる男女の顔の絵

< 痛い写真ですが >

 アート的でも、痛い写真ですが。 ススキの棘が痛い感じの写真ですが・・・パステル画(タイトル:パステル絵画 男と女のいる空間)と秋のススキの写真を重ね画象にしたものです。 ススキの棘に焦点が合った画象になっていることもあり、少し痛い感じの写真になってしまいました。 グリッドの緑と画面全体を被う淡い赤とブルーがいい感じに見えてるように思います。 コラージュとしてはかなり上手くいったようです。 クラシックな感じと斬新さが面白く融合してます。 ここでも多くの作品は、ヌードモデル&制作者のコミュニケーションの中から生まれてきます。

ヌード鉛筆画・足と身体 春の川・アートモデル ヌード鉛筆画・乳房

        <スポンサーリンク>

 

  

自分のコラージュ作品を解説するのは面白いものがあって、コラージュそのものが”あてずっぽぅ”的要素が強いこともあり、他人の作品を評価するような楽しみというか無責任さがあります。 ルネサンス期のボッティチェリの絵を見るようですね。 壁画にひびが入っているようでもあり、痛いというより古さをそのまま感じさせます。 個人的な趣味になりますが、ギリシャ時代における肉体美を表現したものより、ルネサンス期の「性と知の欲望の結晶」としてのヌードが好きですね・エロスの変容・歴史観。 また、理想像としてのヌードを考えることもありませんし、まして、フィギアの人形のヌードのようなツルツルの肌をしたヌードなどは論外になります。 そんなことでは、レアな生身のモデルとの対話も成り立ちませんし。

        <スポンサーリンク>

 

  

豪徳寺・アートモデル ヌード鉛筆画・腹 ポピー・アートモデル

ポートレイト写真

ちょtっと、緊張感の走る画像になってます。 というより、そういう一瞬を撮りたかったのです。 場所は天王州アイルでの撮影です。 このあたりは環境も良い割にはまだあまり知られてませんから、デートスポットとしても良いかもしれませんね。 元々は、日本の経済成長を支えた工業地帯でもあり、水質汚染などもあったのでしょうが、今ではすっかり綺麗になり、住むにも都心へ近く環境も良いところになっているわけですね。

 

ヌード  Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュ  自己中心的な人たち  理性的な人たち  裸婦モデルとの対話  醜さも美しさのうち  ヒップの形、気になりますか?  本質って何ですか?  非日常って?  風情って何でしょう?  ボリューム感は大切です  鏡に映すヌード  美しいヌード  アートは手品ではありません  何に見えますか?  幻影としてのヌード  感じる哲学  飾らないヌード  姿勢のよいヌード  ルネサンス期の絵画のよう