モデル&制作者のコミュ ヌードを古民家で撮ってみたい

 
機織木の中に見る美術モデル

< 幻影としての裸婦 >

 背景に使用してる画像は古民家の機織機の写真です。 幻影としての裸婦です。 このように幻影のように見える画像になるのも、合成画像・コラージュ画像のなせる業です。 背景画像となっている古民家は、東京都世田谷区にある小泉次大夫堀公園にあります。 古民家の横には野川が流れますが、水田もあり、その川を浄水する役割もあります。 近くに住む方がいるなら、ぜひ一度行って見てください。 駐車場なども完備してますし、お弁当など持参すればお茶なども用意されてます。 入場は無料ですので、家族連れや二人連れのデートコースとしてオススメです。 建物の中はもちろんのこと、屋根裏部屋まで見ることができますから、茅葺き屋根を持つ古民家がいかに贅沢な佇まいであったか、実感できることと思います。 このような空間でヌードを撮ってみたいと思うのですが、制作者とモデルは合意できても、古民家の管理者の許可は取れそうにありません、残念ですね。

合成画像作成の楽しさを伝えます・・・デジタルならではのコラージュ画像作成のコツ! 合成などしなくとも十分に美しい京都・清水のモミジ枯葉。  ヌードとの合成画像・・・大胆なポーズプリミティブ 風情。 伝統的な日本の美しさを紹介していきます・・・ 絵巻物。  肉体の情感・・ "血の通った” デジタル画像。 色を使ったアートの楽しさを伝える色彩のシンフォニー。 ヌードモデル&制作者のコミュニケーションの中から、なぜ、裸なのか?・・・答えと、ヌードになることの効用についてまで。モノクロ・ヌードを見ながら、ヌードへの偏見と誤解について考えます。 ヌードを描く動機キッカケは好奇心なのでしょうが、その好奇心だけでは絵になりません。 視覚的にしっかり把握することから始めます。 無機と有機的なアート作品について。 こちらはたぶん、有機的な 生命のリズムを想わせる作品。 そして、 女体の造形。  デッサンの意味とは、絵を上手に描くことにあるのではなく、対象をしっかり見る訓練のためにあること。 合成画像を作っていると、二枚の写真を重ねれば、二つのフォーカスが入ってくることに気付くと思います・・それが不自然さと時には意外性と面白さを生みます。 健康な肉体飛行物体サーフボードにそれら(フォーカスが複数あること)を見ることができます。 庶民的な街・下北沢の看板にヌードを被せてみました。 限りなくアナログ的な作品になってます。  覗き窓というタイトルですが、 さり気無く美しいヌードになります。

クロッキー絵画・わきの下の図 自由ヶ丘・カフェ・アートモデル デッサン・座り込んだポーズ

 

上の「幻影としてのヌード」が美しく見えるのは、茶色とブルーの色彩的兼合いがよいのでしょうね。 茶色が背景の多くを占めれば、裸婦・ヌードの肌の色とも共有できることもあり、それらの偶然性が綺麗な画象に見せているのでしょう。 室内を撮れば、画面全体がブルーを帯びることがシックな奥行きのある画像を創るのでしょう。

        <スポンサーリンク>

 

  

ショップ・美術芸術画像 ヌード鉛筆画・上向きのポーズ 自然の滝・アートモデル

ポートレイト写真

モデルさんは、ヌードに和服を羽織ってポーズしてます。 幻影としての裸婦というタイトルに合う画像と思います。

 

ヌード  Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュ  自己中心的な人たち  理性的な人たち  裸婦モデルとの対話  醜さも美しさのうち  ヒップの形、気になりますか?  本質って何ですか?  非日常って?  風情って何でしょう?  痛い写真ですが  ボリューム感は大切です  鏡に映すヌード  美しい裸婦の姿  アートは手品ではありません  何に見えますか?  感じる哲学  飾らない裸婦の姿  姿勢のよい裸婦  ルネサンス期の絵画のよう