モデル&制作者のコミュ 何も身にまとわない自分

 
ドライフラワーの画像を背景にするアート

< 飾らない裸婦の姿 >

 飾らない自然なままのヌードな姿です・さり気無く美しい。 独りぽつんと部屋にいるときの姿です。 決して、機嫌がよいわけではありません。 でも、人の本来の姿って、こんなものです。 けっこう不機嫌で暗いんです。 ちょっと、子供っぽいかもしれませんが、何も飾らなければ、人はけっこう子供っぽいんです。 無理に大人に振舞わなくてもいいんです、こんなもんでいいんです。 この画像には「沈黙の響き」があります。 この「響き」を「ポエジー」と置き換えることは出来るでしょうか。 芸術であるための大きな要素の一つに「ポエジー」であるかどうか・・ということがあります・ポエジーなヌード。 詩であれば読んで字のごとくポエジーでなければ困ります。 音楽も歌詞が付くものであれば同様です。 ところが絵画のこととなるととたんに「ポエジー」とは無縁に思える絵画が多くあることに気付きます。 例えば、ゴッホの絵はポエジーでしょうか? ピカソはどうでしょう? ところが、マグリッドやデルボーはポエジーな絵画に思えるのですがどうですかね? マグリッドやデルボーはどちらもベルギー出身のアーティストですが・・

誇張されたウエスト アジアの子供 細くもなく太くもない美しい足

 

ここのサムネイル画像を見ていると、何だか感動的です。 ヌード(裸婦の姿)の大写しの間に朱色が綺麗なこどもの姿が入ってきます。 これを見ていると、人類はすべて女性の創造したものであることが分かります。 男も女も、女性から生まれてきます・ヌードモデル&制作者のコミュニケーション・・

        <スポンサーリンク>

 

  

ヌード(美術)モデルと制作者のコミュ・対話から・モデルと制作者のコミュ・・ モデルが語るには・・・アーティストとして尊敬できる制作者は、クロッキーであろうがデッサンであろうが、練習で描くことはないということです。 いつも作品にするつもりで描いているということです。

        <スポンサーリンク>

 

  

日本間・居間・芸術モデル 裸婦モデル横顔 古民家の石置き屋根・裸婦デッサン画像

ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュ  自己中心的な人たち  理性的な人たち  裸婦モデルとの対話  醜さも美しさのうち  ヒップの形、気になりますか?  本質って何ですか?  非日常って?  風情って何でしょう?  痛い写真ですが  ボリューム感は大切です  鏡に映すヌード  美しい裸婦の姿  アートは手品ではありません  何に見えますか?  幻影としての裸婦  感じる哲学  姿勢のよい裸婦  ルネサンス期の絵画のよう