モデル&制作者のコミュ  知性ある年配の男性が少年に向けられた”崇高な愛”

 
古典的な絵を感じさせる写真画像

< ルネサンス期の絵画 >

 合成画像ですが、古典絵画に見るヌードのようです。 ルネサンス期の絵画を感じさせますね。 それには理由があります・・・背景に使用してる画像はボッティチェリの絵画から借用してます。 もちろん、美術モデル・ヌード画は管理人の作品ですが・・・エロスの変容・歴史観西洋の美術史参照。  

ラフな感じにも見える上半身 ディスプレイ・芸術思考の女性モデル 線描きされたヒップ

 

ルネッサンス期の絵画とはいえ、人様の絵を持ってきてコラージュ画像とすることはちょっと気が引けるのですが、面白く仕上がったので載せてみることにしました。 

紀元前のギリシャ時代は、初めて民主政治が確立したところですが、当時は奴隷が社会の底辺を支えていたり、男尊女卑であったからでしょうか、肉体美とはいっても男性像が多く、”崇高な愛”といわれるものが、知性のある年配の男性が少年に向けられた愛であったともいわれます・同性愛エロス。 また、西洋の絵画では、聖書や神話を基にして描かれたものが多く存在します。

        <スポンサーリンク>

 

  

ヌードモデルと制作者のコミュ・対話から・・・ポーズするモデルの本音なのでしょうが、制作者にいかにして描かせるかということらしいです。 モデルに描かされてると考えればよいのでしょうか・・・

        <スポンサーリンク>

 

  

デザイン的な写真 モノクロ・美術モデル下腹部の図 装飾・アーティスティック

ポートレイト写真

背景の適度なボケ方が絵画のように見えますね。 絵画の背景は意識的に背景は手を抜くのですが、写真はレンズの特性によってぼかすことが可能です。 A設定にして、F値をできるだけ下げて撮影すればよいわけですね。 それと、このような背景がボケる撮影は、ロケーションを選びません。 なぜなら、どこで撮っても、わからないわけですから。 ルネサンス当時の絵画ではなく、現代のデジタル写真ですが。

 

ヌード  Home   サイトマップ    モデルと制作者のコミュ  自己中心的な人たち  理性的な人たち  裸婦モデルとの対話  醜さも美しさのうち  ヒップの形、気になりますか?  本質って何ですか?  非日常って?  風情って何でしょう?  痛い写真ですが  ボリューム感は大切です  鏡に映すヌード  美しい裸婦の姿  アートは手品ではありません  何に見えますか?  幻影としての裸婦  感じる哲学  飾らない裸婦の姿  姿勢のよい裸婦