裸婦 背景 和服・振袖柄

 
裸婦の和的なイメージ画像

< 聡明な裸婦モデルの姿 >

 タイトルに困ったのですが、「聡明な裸婦モデルの姿」って、何なんだろう?という感じがしないでもありません。 空間をクリアな印象に変えてしまうようなモデルさんなのでしょうね、聡明さが印象的な裸婦・ヌード画となってます。 和服を羽織っているような感じにも見えますね。 裸婦の背景は、和服とはいっても振袖なのでしょうか、詳しいことは分かりませんが・・・聡明な裸婦・イメージ画像です。 屏風に描いた日本画のように見える 絵巻物として仕上がった作品があります。 シックな印象のある世田谷にある猪俣低との合成画像・昭和の民家とヌード日本画に見える裸婦の絵、着物模様が美しく、タイトルは着物

日本画のようなヌード鉛筆画・両手を上げたポーズ ヌードアート画像・女性と抽象画のミックス 日本的な雰囲気ある胸の図

        <スポンサーリンク>

 

  

上の大きな画像の話になりますが・・・グリッド(額)の色を濃いグレーにしてますが、これを辛子色やレンガ色にすると、もっと日本画的に見えるのでしょうね・グリッドのとり方。 二枚の重ね画像の焦点が一致していることも「聡明な裸婦モデルの姿」に見える理由になっているようにも思います。 絵でも写真でも、見せ方はとても重要ですね。 一枚一枚のグリッドの色や幅はもちろんのこと、なぜその場所にその絵を載せるのか?ということが問われますね。 ただ並べて載せてるだけでは、ページ全体としての意味を持ちませんし、綺麗な画面を形成することもできません。 ただ何となく並べてるのではなく、そこにその画像がある意味をもたせることなのでしょう・・・美しく展示するということを合理的に説明すると「上」のようなことなのですかね。 絵画などでも同様のことがあって、色でも線でも、そこに描く・そこに塗る意味があれば、その線や色は美しく見えます。

        <スポンサーリンク>

 

  

ヌードアート画像・抽象画のコラージュ 多少胴長に見える美術も出る女性の胸と首筋 ヌードアート画像・水玉模様

ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     水をテーマにした写真  我侭に描く裸婦像  背中の刺青  異国の風景  腰を浮かせたポーズ  水墨画のような風景  スケッチブック  京都の紅葉写真  萌える女性モデル  妄想が映すモデル像  女性モデル耽美主義  イメージするモデル像  裸婦画の背景  アーカイブ  点と線と面  顔料・染料  五重塔  部屋の明かり  色の研究