裸婦 オレンジ色に萌える

 
人体芸術・タイトル画像

ヌード < 萌える女性モデル >

朱色に萌える女性モデルです。 夕日に映える秋紅葉の写真とヌードクロッキー画のコラージュ画像です・人体芸術としてのヌードクロッキー画。 こうして展示してみると日本画的な印象がありますが、見方によっては現代絵画のようでもあり、何かのプレゼンテーションに使ったら・・とおもます。 窓からの景色にこのような図があればこれ以上の贅沢はありません。 燃えるようでもあり、萌えるようでもあり・・・萌える裸婦・ヌードイメージ画像です。 情感のある絵などはどうでしょう。 ところで、この画像に見える「朱色」ですが・・・色はあくまでも相対色ですから、朱色という絶対色があるわけではありません。 こうして、デジタルで表示されているにもかかわらず、日本画の中の「朱色」に見えますが、パソコン内のパレットの中の色には変わりません・色彩の論理から学ぶものお絵かきソフトで色遊び

美術アート・京都 湖面の光景・ヌードアート 美術アート・萌える秋

        <スポンサーリンク>

 

  

「萌え」という言葉が流行りだしたのはいつからのことでしょう。 20年以上も前から、名前に使っていた人は時代を先取りしているのでしょうね。 「萌え」という語の背景には「燃える」というニュアンスもあるのでしょう、芽生えるという響きと同時に情熱的な印象もあるのでしょうね。「萌える裸婦」といえば、エロティック・エロスの変容・歴史観な響きもありますかね。

        <スポンサーリンク>

 

  

少女の横顔をコラージュ画像 デッサン・振り向く顔と真後ろからの人体 鎖模様と人体デッサン

ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     水をテーマにした写真  我侭に描く裸婦像  背中の刺青  異国の風景  腰を浮かせたポーズ  聡明な裸婦モデルの姿  水墨画のような風景  スケッチブック  京都の紅葉写真  妄想が映すモデル像  女性モデル耽美主義  イメージするモデル像  裸婦画の背景  アーカイブ  点と線と面  顔料・染料  五重塔  部屋の明かり  色の研究