裸婦 イングリッド・バーグマン 映画「カサブランカ」

 
明るいブルーをバックにした女体・タイトル画像

< 妄想が映すモデル像 >

 レストランのゲートとコラージュした裸婦・女性の背中のヌード画像なのですが、「妄想が映すモデル像」というタイトルにしてみました。 二子玉川にある「マグリブ」というモロッコ料理店の入り口です。 イングリッド・バーグマンが最も美しく見える頃の映画「カサブランカ」をご存知でしょうか。 この映画はモノクロなのですが、画面は(たぶん)こんな色であったのではないかなぁ^と勝手に想像してしてしまうような、そんなレストランの写真です。  それより、座り込む裸婦像の後姿は見えているでしょうか。 現実感のない画像ですね、妄想としか言いようのない画象になってます・現実感のあるヌードはこちら・・。 小さなタイルを無数に貼って模様を出しているのでしょう、ブルーが印象的です。 イスラム文化を思わせますね。 昭和の時代の流しや風呂場などのインテリアにもこのようなブルーのタイルを使用したものが多くあったように記憶してます。  その他では、趣味的になりますが私的夢空間。 ほとんど願望のような絵などもあります。 自然光で裸婦を見るのであれば、妄想ではなく現実なのですが・・

コラージュ画像

日本的な模様と裸婦の重ね絵 青のライトに映えるバストが豊かな女体像 赤味がかった光の中で見る裸婦

        <スポンサーリンク>

 

  

頭の後ろで手を組んで堂々とポーズする人体芸術 古民家で撮った画像と人物像の合成写真 背景の濃淡の大切さを伝える写真

ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     水をテーマにした写真  我侭に描く裸婦像  背中の刺青  異国の風景  腰を浮かせたポーズ  聡明な裸婦モデルの姿  水墨画のような風景  スケッチブック  京都の紅葉写真  萌える女性モデル  女性モデル耽美主義  イメージするモデル像  裸婦画の背景  アーカイブ  点と線と面  顔料・染料  五重塔  部屋の明かり  色の研究