裸婦 存在感が勝るとき・・

 
室内風景を面的に描写した裸婦の抽象画像 

< 部屋の明かり >

 抽象画なので分かり難いのですが、「部屋の明かりと裸婦人物像」を描いてます。 人の目ではなく、写真で撮ったような(明かりの)具合になってます。 外の明るさに露出が合っているようで、部屋の中が(人の目で感じる以上に)暗く描かれてます。 絵画的に描けば、これ程に暗くなることは(普通なら)ありません。 なぜなら、人の目は明るいところを見るときには瞳孔を閉じ加減に、明るいところを見るときはその逆のことを行ってます。 写真であれば、そのような”器用なこと”は出来ませんから、一律な露出で撮ってしまうことになります。 したがって、上のような「部屋の明かりと人物像」になってしまうのです。 ・・・ヌード・美術モデルヌード・クロッキー の中でも、比較的早い時間で描いてますから、抽象に近いというか、大雑把な描写にもなってます。 裸婦の存在感が勝るとき・・コラージュ画像:裸婦・ヌードと部屋の明かり。

カフェのうす赤い灯 裸婦・鉛筆で描く乳房のデッサン 冬の風景と世田谷美術館

 

ここにあるサムネイル画像にはまったくといってよいほど統一感がありません。 テーマもありません。 ランダムに並べてます。 部屋の灯であったり、街の写真であったり、美術館お写真であったり、ヌード美術モデル画であったり、バリの子供たちであったりします。 気のせいでしょうか、裸婦の存在感が勝っているように見えますが・・

        <スポンサーリンク>

 

  

臀部を見せる裸婦画像 夕日の中に見える12月の公園 あばら骨のみえる人体デッサン

        <スポンサーリンク>

 

  

ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     水をテーマにした写真  我侭に描く裸婦像  背中の刺青  異国の風景  腰を浮かせたポーズ  聡明な裸婦モデルの姿  水墨画のような風景  スケッチブック  京都の紅葉写真  萌える女性モデル  妄想が映すモデル像  女性モデル耽美主義  イメージするモデル像  裸婦画の背景  アーカイブ  点と線と面  顔料・染料  五重塔  色の研究