ヌード作品 神の存在から人の存在へ 世俗化が進む

 
抽象的でもあり具像絵画にも見える絵

< 絵画の見方 >

 ここに載せているのは「ヌードイメージ・フォト」です。ヌード作品サムネイル画像を載せてます。 絵画・アートの見方というものは、人それぞれで、大きく分ければ次の2つの見方があると思います・・・美術史のこととかにはさほど興味はなく、どうしてこのような絵画やアートが出てくるのかとかはさっぱり分からなくても、何となく好きだから観ている人。 もう一つは、美術評論がそうであるように、時間(時代)的な流れとしても、絵画そのものの成り立ちから考えても、詳しく納得しながら観ている人がいます。 現代美術においてはなおさらのこと、前記したことが起こっているようです。 ここに載せてるヌード・イメージ・フォト画像においても、同様のことがあり、理論的にまた時代的な流れの中から考えながら観る人もいると思われます。 20世紀以降の絵画や彫刻を理解するには、先ずは、(主題を何にするかと言う意味での)神の存在を考えてみるとよいと思います。 神話の神を主題とすることが多かったのですが、それがしだいに、より人間的なって世俗化してきたわけです。 人を写実的に描くことは当然ですが、風景や静物を描くにもその背景には神の存在を意識しながら描いていたと思われます。 神の存在を意識しながら人を多く描いてきましたが、20世紀にはいってからは、その(神の存在からの)縛りから解放されると同時に(人ではなく)物を多く描くようになってきました。 人をテーマにすることが少なくなったことと、抽象絵画が生まれてくること(抽象画が生まれてくる道程)は深く関っていることと思われます。 絵画や彫刻などの(アートの)見方を考えてみました。 若い人たちの視点キュービズム象徴的概念。 そして、 ビジュアル(視覚)の意味を再考します。 

コラージュ画像

ヌード作品サムネイル画像日本女性のヒップ ブルーグレーの湖の写真 ヌード作品サムネイル画像バストの量感と質感

 

        <スポンサーリンク>

 

  

ヌード鉛筆画・花模様 上と下をトリミングした正面からのヌード作品サムネイル画像ヌードポーズ モデルヌードと花模様の融合画像

        <スポンサーリンク>

 

  

 

        <スポンサーリンク>

 

   ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     誕生日デコメ  オランウータン  アート感覚で鑑賞  淡い色合いで描くヌード  バイクとヌード合成画像  Martin OOOX1RGT  アコースティック・ギター  繊細なモノクロヌード  抽象画が生まれてくる道程  ヒップの造形美  マンガ  ヌードデッサンの必要性  美大の通信教育  犬のコラージュ画像  ヌード撮影  合成画像の作成方法  ヌードと花模様との合成  セレブな女性像  下駄の鼻緒とヌード