ヌード作品 真後ろから描く 恥ずかしいポーズ

 
紙幣に描かれたようなヌード絵画

< ヒップの造形美 >

このヌード作品のような(真後ろからヒップを覗き込むような)ポーズは、ポーズするモデルも恥ずかしさを覚えるかもしれません。 ポーズにタブーはないとはいえ、描く側にも一瞬緊張感が走ることはあります。 制作する側からすれば、ヌード全体を均一に見ていることもあり、部分に目を奪われるようなこともありません・偏らないこと。 また、ある部分(例えば、性器)だけを特別に意識して描くこともありません。 人の目でみるわけですから、カメラのようにそのままを写しとるようなことはしませんし、できません。 制作者の視覚で捉えたようにしか描くことができません。 私(ここの管理人・制作者)に関して言えば、日常的な感覚でこのようなポーズを見るのならば部分に目が行ってしまうこともありえますが、アート空間では ”そのようなこと”は起こりません。 ヌードクロッキーをしているときは、興味本位な好奇心から「解放」されていると考えれば理解できそうです。 また、凡庸な好奇心から開放されていることは、ヌードを造形美として捉える基本のように思います・造形美としての裸婦。 ヒップは、その存在感自体が絶大であり、造形美としても申し分ないですね。 ・・・左右を囲む抽象画・ヌードなアート も管理人のヌード作品サムネイル画像です。

コラージュ画像

わきの下の図ヌード作品サムネイル画像 ヌード鉛筆画と刺青ヌード作品サムネイル画像 右手で足を抱えるようにポーズするヌード胴体

 

        <スポンサーリンク>

 

  

写真から絵を書くことなのですが・・・ヌードならかけても着衣では描けません。 理由は二つあって、1つはヌードしか描いたことがないこと、もう1つは、犬や猫を書くことが難しいことと似ていて、服のふさふさ感やディテールが出しにくいことです。 人体なら線なのですからウソは描けませんが、服であれば複雑な面になりいい加減にもかけますが、それがかえって集中力を欠くことにもなり絵になりにくいのです。

ヌード鉛筆画・絵画との合成画 ヌード鉛筆画・ヒップと非日常的な部分の美しさ 絵画とのコラージュヌード作品サムネイル画像

        <スポンサーリンク>

 

   ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     誕生日デコメ  オランウータン  アート感覚で鑑賞  淡い色合いで描くヌード  バイクとヌード合成画像  Martin OOOX1RGT  アコースティック・ギター  繊細なモノクロヌード  絵画の見方  抽象画が生まれてくる道程  マンガ  ヌードデッサンの必要性  美大の通信教育  犬のコラージュ画像  ヌード撮影  合成画像の作成方法  ヌードと花模様との合成  セレブな女性像  下駄の鼻緒とヌード