ヌード作品 モデルとカメラマンの信頼関係が基盤

 
花模様とヌード作品のコラージュ

< ヌード撮影 >

 ヌードを撮影することについての、様々な注意点を書き記したいと思います。 全ては、モデルとカメラマンの信頼関係が基盤になります。 女性側がヌードである限り、相手のカメラマンによってはそれなりのリスクはあります。 モデルにとっては、マナーの良い、人望あるカメラマンに依頼することです。 また、スタジオであれば安全なのですが、個室などでの撮影になることが多く、できれば、付添い人を伴うことが安全だと思います。 それから、撮られた写真ですが、その後の管理の問題が出てきます。 そこにも、モデルとカメラマンの信頼関係が問われることになります。 モデルにとっての安全を考えれば、その時撮られた写真の全てをCDにダビングして預かっておくことです。 その画像の使用方法に関しても、モデル側にも管理が出来ることになります。 カメラのセンスがよいこととマナーの良いカメラマンかどうかには、相関関係はありません・モデルの安全性・・困った現実でもありますね。 また、安全性と同時にモデルの資質と才能も問われます・・・ヌード作品。

今はすべてといってよいほどデジカメで撮ってますから、撮るほうは出来るだけたくさん撮ることです。 なぜなら、シャッター音が連続してモデルのほうに聞こえますから、そのカシャ!カシャ!という音がモデルをよい気持ちにさせるというかよい意味での緊張化を作ります。 だから、最初の50ショットくらいはワームアップくらいに考えて、ときかくたくさん押すことです。 それと、出来ればその場にPCを持ち込んで撮った画像をモデルと一緒に確認していくことです。 カメラマンとっては当然ですが、モデルにとっても、どのようなポーズがその空間でよく撮れるかを知ることが出来ます・・・ヌード作品創作について。

コラージュ画像

女体の部分図・胸の質感・ヌード作品 長崎の坂道撮影 ヌード鉛筆画・わき腹

 

        <スポンサーリンク>

 

  

観光地長崎の写真 鉄橋の下のヌード 堂々としてヌード作品

 

        <スポンサーリンク>

 

   ポートレイト写真

 

ヌード  Home   サイトマップ     誕生日デコメ  オランウータン  アート感覚で鑑賞  淡い色合いで描くヌード  バイクとヌード合成画像  Martin OOOX1RGT  アコースティック・ギター  繊細なモノクロヌード  絵画の見方  抽象画が生まれてくる道程  ヒップの造形美  マンガ  ヌードデッサンの必要性  美大の通信教育  犬のコラージュ画像  合成画像の作成方法  ヌードと花模様との合成  セレブな女性像  下駄の鼻緒とヌード