Mannequin-Art           首のないマネキンは何を意味するのか・・<back    next>リアリティーを追求するマネキン

夜景を彩る建物画像

 

近づきがたいマネキン  Mannequin Nude-Art

 この赤のバッグを見た瞬間に、多くの人はどこのブランドのショーウィンドーか分かりそうである。 それくらい、ブランドのイメージというものは大切なのだろうし、また、伝統的な卓越した美意識を有しているとも言える・・・シャネルのマネキン。 「フェラーリの赤」という言い方をするように、「シャネルの赤」という言い方もあるのだろうか・・・

 こういう「赤」を定義する場合、普通の人は絶対的な「フェラーリの赤」とか「シャネルの赤」と言われるものが存在するように思っているのだろうが、たぶん、そういうことではないように思います。 造形とか質感などを含めて「赤」を定義していることですから、ある意味では「相対的な赤」と言ったほうがよいようです。 値段的にも ”格” からも、近づきがたいマネキンであることは確かですね。

                     スポンサーリンク

          

 

 

アート的な写真明治通り」 写真が素晴らしいと思うとき「明治通り」 赤とブルーで飾るショーウィンドー マティスを想わせるデザイン「原宿」 センスが光る・・「原宿」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com