< 人物写真 >       < 女性を撮る >          next>

アート作品としての素肌美人モデルポートレイト写真

 

Nude art 「アート作品としての写真」

 写真というものはそもそも記録するために出来たのであって、まさかアートの領域に入ってしまうなどとは当時(1840年くらいかな・・)は考えなかったでしょうね。 当時の写真は、撮るまでの時間がそれなりにかかったとは思いますが、絵画とは違って一瞬にして絵になってしまうのですから、とても便利な道具だったに違いありません。 ですから、現在における写真に関する概念は大きく分けて二つあります。 一つは、事件やスポーツなどの記録するための報道手段として、もう一つは、アート的な作品制作のため。 ここでは、記録しようなどという行為から離れて、アート作品としての写真を考えていきます。 この写真はちょっと暈けてますね。 夜撮ったことと、手ブレしていることが原因かもしれません。 人物と背景が重なり合って、決して上手な写真ではありませんね、それでいいのですが・・。 ヌード素肌美人をテーマにしたサイトですが、コスチュームでとった写真が多く、ヌードでとった写真も当然ありますが、いわゆるヌードでは載せてません。 素肌美人モデルの美しさを捉えてるつもりです・素肌美人モデル・人物写真

             <スポンサーリンク>

ビジュアルアート・・・特に、写真において、映像には時間と言う概念があるが、写真は一瞬で切り取ってしまうので、瞬間と言う、ほとんど時間の概念は存在しない。 だからこそ、時間と言う”厚み”が必須になる。西洋では、この”厚み”を”ストーリー性”と言って、作品撮りでは最も重要視される。 簡単に言えば、その画像を見ながら、無限の時間を想像できることが重要視されると言うことです。アングルと言うのは単に切り取ったと言うことではなく、そのアングルと言う窓から広がる無限の時間と世界がなければ写真として”意味”がないということですね。 この国・日本で言われる写真という”ジャンル”で”議論”もしくは”定義”されるようなアングルの概念ではないと言うことですね。

 

 

アート作品としての写真 川崎市の繁華街 昭和 P設定 上手な写真

  

アングルが可笑しい モデル撮影の難しさ 主観と客観 髪は大切な要素 ヘソ

ヌード <Home>   <人物写真>                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com