< 人物写真 >       < 女性を撮る >                        next>

素肌美人モデルポートレイト撮影の参考写真

 

Nude art 「安全にヌード撮影する方法」

 絵ならば人物を描いてもその人肖像権は発生しないように、その絵をどこでどのように公開しようが問題はありません。 ところが、写真は個人が特定できることもあり、ましてヌードであれば尚更その写真の扱い方と保持には気を遣わなければなりません。 モデルをする側にとっては、カメラマンンをどれだけ信用できるか?にかかっているように思います。 コスチュームであれヌードであれ、撮ればデータとして残ってしまうわけですから、それらの写真が流出しない保証はどこにもありません。 モデルになる方はそれなりの覚悟が必要ですし、その写真が流出しても困らない程度の露出度で撮影すれば良いことなのです。 それでも、素人写真ではなく、しっかりしたヌード写真を残しておきたい方も増えていると思います・・・セルフではどう頑張ってもしれてますからね。 そういう希望を安全に叶えるには・・・信頼できるカメラマンに写真を撮ってもらい、その場で(デジタル・メモリー)データを受け取ってしまえば良いことなのです。 最初から、そういう条件でカメラマンと交渉してみる方法を勧めます。

また、安全にヌード撮影する方法を考えるとき、撮影現場が自宅であれスタジオであれ、付き添い人がいれば良いことでもあります。 余計なことを言うようですが、奥さんのヌード撮影に旦那さんが付き添うようなことがあるかもしれませんが、カメラマンの側から言わしていただければ、これほど撮りにくい撮影現場はありませんし、良い雰囲気のある寛いだ(時には良い意味での)緊張感のある空間にはなりにくいのです。 奥さんにとっては、旦那さんに見られたくない「自分」というのがあって、その「自分」を曝け出すことによって普段とは違う写真いならないことにはカメラマンに撮られる意味がありません。 ヌード撮影の良さ(意味)は、普段の自分ではない自分を曝け出す快感であり、それがストレス解消にもつながるのです。 ヌードで撮るということは、単にモデルを美しく撮るといことに留まらず、精神的にもまざまな奥深い意味があるのです。

             <スポンサーリンク>

 

 

ヌード <Home> 人物写真 <Top>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com