< 人物写真 >       < 女性を撮る >                        next>

女性のポートレイト写真

 

Nude art 「カメラマンの見分け方」

 信頼できるかどうかという意味でのカメラマンの見分け方です。 最近増えてますね、街中でコスチュームで撮影している方が・・・このような公の場での撮影なら基本的には安全ですが。 簡単な打ち合わせで初対面で撮ることも多いと思いますから、モデルをされる方にとっては、信頼できるカメラマンかどうかはとても重要な問題になります。 信頼できる「カメラマンの見分け方」では、ホームページなどを持っていて、作品がすでに見れること。 そしてできれば、実名が分かり、社会的な地位や出来れば住所などが分かること。 ハンドルネームしか分からないようなカメラマンは(モデルにとって)かなり危険がありますから、気を付けましょう。 写真撮影とは名ばかりで、違うところに目的があったりします・・・ラブホでの撮影は厳禁ですからね。 なにせ、一眼レフさえ持ってれば、誰でもカメラマンは名乗れるわけですから。 当日になったら、打ち合わせと違って撮影場所が怪しいところになったりしますから、そういう時にはしっかり断って撮影は中止してください。 安全に撮影するには・・・モデル側には当然のことながらリスクはあることですから、カメラマンの側にも(危ないことをすれば)リスクを負えるような状況・条件を満たせるようなカメラマンであること。 また、カメラマンにとっても、危ないモデルというケースもあるそうですから、双方が気を付けなければならないことですね。 

             <スポンサーリンク>

 

 

ヌード <Home> 人物写真 <Top>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com