< 人物写真 >       < 女性を撮る >                        next>

美しいモデル

 

Nude art 「モデルの探し方」

 モデルの探し方という言い方はすこし変なのですが、どうゆうモデルさんであればカメラマンにとって面白い写真が撮れるか?ということから話してみます。 私の場合ですが・・・アートに理解があって、共同制作者になりうる方。 そして、出来ればモデル経験の少ない方で、モデルとしての既成概念や前知識の少ない方。 ”狙い目” としては、アート制作に関わっていて、普段は制作する側にある方、アートに関わりのない普通の方でも、撮影が進むにつれて雰囲気が(シャッター音にわせるように)別人のように変わってくる方、自分を曝け出すことに躊躇いのないだろう方、撮る方もそうなのですがある種のナルシズムに浸れるモデルさんを探されると良いと考えてます・・・いわゆる美しいモデルも良いのでしょうが、内面から美しさを醸す真の意味での美しさを持ち合わせるモデルを探されると良いと思います。 簡単にいえば、それほど外見にこだわることはなく、(退屈な)日常を演出するのでなく、普段は見せないような非日常を表現できるようなモデルが面白いのではないかと考えてます。

では、実際に探すにはどのような方法があるのか・・・これは、個人差がかなりあって、一概には言えませんが。 モデルクラブに連絡してモデルを依頼すれば双方に安全に撮影可能なのですが、それではプロに依頼するわけですから、 ”モデル経験の少ない方” という趣旨に反することになります。 先ずは、自分がそれなりの写真が撮れることを訴える手段が必要です。 ブログやHPを持ち、依頼する際に自分の撮った写真を見せることができること・・・「こいう写真を撮ってます」と。 それから、いきなり「あなたのヌードを撮らせてください・・」では、ほとんどの場合は相手方が引いてしまいます。 「普段着でも良いし、コスチュームでも良いから、撮らせてもらえますか?」と。 そこで、自分のもつブログなどを紹介して、後日、了解をとれば良いことです。

っで、先に「個人差」がることを言いましたが、相手にとって自分がどのような存在なのか?安全に見えるのか?そうは見えないのか?・・・この辺のところは、女性側からすれば最も重要なことですし、危険か?危険でないか?は直感的に女性は感じてますから、「やばいかなぁ・・」と思われるようでは、残念ながらほとんどチャンスはないわけですね。 要は、安全に見えて、その実、しっかり安全な人で、作品がちゃんとしたものがある・・・ことですね。

             <スポンサーリンク>

 

 

ヌード <Home> 人物写真 <Top>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com