< 人物写真 >       < 女性を撮る >                        next>

シリアスなモデル写真

 

Nude art 「迫真の演技」

 この表情を作るのに、演技しているのかどうかは分かりません。 カメラマンとモデルの関係は、よい雰囲気で撮影を続けていくことを優先してますから、案外(撮影後の含めて、演技なのかどうか?などという)質問はしないものなのです。 写真をこうして見る方は、どういう状況ならこういう写真が撮れるのか、興味をもたれるようですし、野暮な(あらぬ)詮索をする方も多くいることは想像できます。 これはたぶん、モデルの資質に大きく関係していることと思います。 ”成りきる” ことが出来るかどうか・・なのでしょうか。 それよりも、”成りきる”状況にもっていけるかどうかが、カメラマンの腕(役割)なのかもしれません。 シャッターの小刻みな音に共鳴するように、そのポーズや表情がどんどん変わっていくモデルを見ることがありますから・・。 っで、撮影というのは、モデルが「迫真の演技」を自然とできる状況になった時から始まると考えてください。 たぶんそこでは、モデル自身が普段では自覚してない自分になれたり、モデルの内面までをも曝け出してしまうような、そんなテンションになっていく時に、「こういう写真」が撮れることになります。 本性に近いものであって、演技ではないように思うのですが・・・・・・

             <スポンサーリンク>

 

 

ヌード <Home> 人物写真 <Top>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com