< ヌード Home > < 団塊の世代が作るHP・前編 > < 団塊の世代が作るHP・後編 >   next>

               モデルのポーズ

 

Nude art 団塊の世代が作るHP「テキストの入れ方」

 写真がないことにはページの見栄えが悪くなりますから、出来れば写真はタイトル画像を含めて、5枚くらいあると良いかもしれません。 団塊の世代が作るHPなのですから「テキストの入れ方」については説明はいらないと思います。 注意点は、文字数にこだわることはないことですが、少なすぎてはこれも見栄えが物足りなくなります。 300〜500文字位あればいい感じかもしれません。 検索エンジンに、そのサイトなりページがどういう内容なのかを丁寧に知らせてやることが大切なのです。 タイトルワードに関連するワードを多く使うこと、表現や説明での語彙が多いことが有利に働くことは言うまでもありません。 ページ単位で文字数をカウントするのではなく、サイト全体で考えてください。 そして、写真を使う場合は、(写真の説明のための)オルトタグを入れるようにしましょう。 ここでは、Nude art(ヌード アート)とというテーマでサイトを構築してますから、ヌードというワードはほとんどのページで使うようにしてます。 目の不自由な方がユーザーである場合もありますから・・・最後に、団塊の世代が作るHP「続けていくために」できること・・・

             <スポンサーリンク>

 

 「テキスト入れ方」に関する補足なのですが・・・そのサイトやページが情報としてどれだけ重要なのかを決めるのは「検索エンジン」なので、人の目ではありません。 ・・といことは、検索エンジンがどのようなページを役に立つ重要なページとするか?(検索順位を上にするか?)を逆算的に考えてみてください。 この検索エンジンの設定は、グーグルの頭脳のトップが作っていることなので我々素人には想像のできませんが、おおよその検討は付きます。 検索エンジンの背景にあるデジタル記憶システムは、世界中にあるサイトの殆どを網羅しているともいますが、この場合は、日本語サイトだけに絞ったとしても、サイトやページタトルとなる「キーワード」や「関連用語」をほとんどデジタルで記憶していると考えればよいでしょう。 それでは、ここのサイト・タイトルでもある「キーワード」は「ヌード」ですから、このヌードと「関連用語」となり、使われる頻度が高いものは画像とか写真とか、その次に頻度が高いと思われる「関連用語」に女性とかポートレイトやカメラなどの用語があるかもしれません。 ところで、サイト全体で「ヌード」が3000回使われるのなら、写真や画像は1000回、女性やポートレイト、カメラは500回というように使われると思われます。 「キーワード」の使用頻度に合わせて5段階(5グループ)位の関連ワードをランク付けしていると考えれば、納得できような気がします。 このようなワードがバランス良く使われているサイトを検索順位上位に持ってくるのではないかなと勝手に想像してます。 それでも、「テキスト入れ方」というのは、検索順位を決める一つの要素に過ぎないということも知っておいてください。 ・・・結果的にいえば、検索順位を上げるためにああだこうだと考えるよりも、コンテンツのレベルを上げること、情報量を豊かにすること、ユーザーの利便性を最優先することが近道なのです。 ページビューが多いこと、滞在時間が長いととを、そのサイトを優良サイトと検索エンジンは判断しそうだからです。 因みに、現在ではグーグルもヤフーも検索エンジンはほぼ同様だと思ってください。

             <スポンサーリンク>

 

 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com