< ヌード Home > < 団塊の世代が作るHP・前編 > < 団塊の世代が作るHP・後編 >   next>

緑を緑以上に撮るモデル・ポートレイト

 

Nude art 団塊の世代が作るHP 「緑を緑以上に撮る」

 多摩川河川敷でのワンショット、緑を緑以上に見えるように編集加工している。 音楽であれ、ビジュアルアートであれ、何か何処かにリアリティー・真実味がなければ音にならないし絵にならないと考えている。 現在のように全てが作れる時代になってくると、尚更その真実が大切となる。 パーフェクトにできていると思われる作品の中に何かが足りないと感じることがあるが、往々にして、このリアリティー・現実感に欠けていることが多い。 逆に言えば、色々と満たしてなくとも、この現実感が伝わればアートとして成り立つものである。 ソフトで描かれた絵などに、パーフェクトに仕上がっているように見える絵はネット上でたくさん見かける。 それでも、そのほとんどに真実味がなく、単に上手な絵になっており、膨大な時間と緻密さが表現されているのだが、作品としての説得力は全くない。 こういう場合の多くは、方向性が間違っているのではなく、最初から何(真実味)が足りないのであって、努力は報われないことになる。 この場合は、緑が緑以上に緑に見えれば、それ以上は望んでないのである。 Nude art(ヌード アート)にも同様なことが言える。

             <スポンサーリンク>

 

 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com