< ヌード Home > < 団塊の世代が作るHP・前編 > < 団塊の世代が作るHP・後編 >   next>

枠線を付けないポートレイト

 

Nude art 団塊の世代が作るHP 「枠線を付けないポートレイト」

 枠線を付けないポートレイトになっている。 画像の多くの部分の白がPC画面のデフォルトの白と同じであり、どこまでが写真でどこまでがPC画面なのかかが分かりにくい。 それでも敢えて、枠線は入れませんでした。 入れない方が面白く見えると思ってのことですね。 ロケーションは多摩川・多摩堤の堰。 今にも雨が降りそうな風の強い夕方に撮ってます。

             <スポンサーリンク>

 

 枠線をつけない写真の展示方法は開放感があってよいと思います。 団塊の世代が作るHPについては、写真の必要性について前ページで書きましたが、このサイトのようにポートレイト写真を載せてページ構成をしたなら、それこそ写真は必需品となるわけですが・・・。それで、ポートレイトというものは、スタジオなどを借りればよいのですが、それではお金がかかりますから、室内写真であればライティングの問題が生じてきますし、屋外ではロケーションをどこにするかに悩みます。 横浜やお台場など・・観光地であればまずまずなのですが、それでは在り来たりになってしまいます。 っで、ちょっとかわったところとなると、この写真のような河川敷で鉄橋の下などということになります。 もし、廃墟で撮りたいとか、豪勢な洋室や古びた和室で撮りたいとか、様々なロケーションを希望されると思いますが、最も簡単なのが、廃墟や豪勢な空間を想定した貸スタジオがありますから、検索してみてください。 だいたい、二時間で6000〜10000円位だと思います。 ちょっと洒落た空間なら、ホテルを貸スタジオのように利用することも可能ですね。 横浜港の氷川丸の入場料は100円だったように記憶してますから、ここにもその写真を載せてますが、ロケーションとしては申し分ないですね。 船の機関室でのい撮影はとても面白そうですが、私の場合は、ISOの設定を間違って撮り損なってますが。 公園などでも、日曜祭日でも人は少ないところもあり、撮影には支障はきたしません。 もし、人が写ってしまったり車のナンバーが入ってしまうことがあれば、無料編集ソフトPicasaの<レタッチ機能>で消してしまえば良いことですから・・・それでも、Nude art(ヌード アート)作品だからといって、ヌード画像にぼかしを入れるようなことはしませんし、ヌード画像は載せてません。

 

 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com